萩原流行氏の交通事故死、真相究明を求め22日会見

社会 レスポンス

俳優の萩原流行さん(享年62)の交通事故死で、萩原さんの妻で女優のまゆ美さん(62)が22日、都内で会見を開く。まゆ美さんの代理人である堀内稔久弁護士の事務所が明らかにした。

事故発生は4月22日18時頃。萩原さんがハーレーダビッドソンで、東京都杉並区の青梅街道を走行中、何らかの理由で転倒。投げ出されたところに、後続車が通りがかり衝突した。

現場となった道路区間は片側3車線。萩原さんは真ん中の第二車両通行帯を走行。左側の第一車両通行帯には警視庁の護送車が走っていた。萩原さんは最も右よりの第三車両通行帯を走行していた車両と衝突した。

警視庁は護送車であること翌日に認めた。護送車の前方に駐車車両があり、進路を第一から第二通行帯側に変えていることもわかった。発生当日は護送車を「隣の車線のワンボックスカー」と伝えられた。

護送車とバイクは、バイクの右前輪が接触している模様。現時点で萩原さんがなぜ転倒したのかは不明だ。実況見分など捜査が続いている。この交通事故について、警視庁は正式な発表は行っていない。

22日の会見では、まゆ美さんが原因の究明を強く訴えるとみられる。

  • 中島みなみ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ