【鈴鹿8耐】2010年のMoto2初代王者、トニー・エリアス参戦決定

モータースポーツ レスポンス

2010年にMotoGPロードレース世界選手権シリーズに新設されたMoto2クラスで、MORIWAKIマシンMD600を駆り初代チャンピオンに輝いたトニー・エリアスが、今年の鈴鹿8耐に参戦することが正式決定した。

チームは、山口辰也がエースライダーを務めるTOHO Racing with MORIWAKIで、エリアスとMORIWAKIは2010年以来のタッグとなる。

TOHO RacingとMORIWAKIは2012年からジョイントして山口をライダーにHonda CBR1000RRをベースにしたマシンで全日本JSB1000に参戦。その12年の“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8耐では山口、高橋裕紀、手島雄介をライダーに2位表彰台に立った。そして今年、レース経験豊富なエリアスをチームに招聘して優勝を目指す。

なお、MORIWAKIは今年の鈴鹿8耐にMXR RACING Exhaustをはじめとした高性能レーシングパーツを供給。さらに2010年にGresini Racing Moto2でエリアスのチャンピオン獲得を支えた技術者を派遣するなど総合的にチームをバックアップする。

山口辰也選手のコメント

「TOHO Racingの強力なパートナーであるモリワキさんにご協力いただき元世界チャンピオンのエリアス選手と一緒に鈴鹿8耐を戦えることになり、すごく楽しみです。今まで培った力を全て出すことができれば勝つことも夢ではないと思っています。チーム一丸となって鈴鹿8耐優勝を目指します!!」

山口辰也 戦績

1976年2月11日 埼玉県出身

2014年 全日本JSB1000 ランキング4位

2013年 全日本JSB1000 ランキング5位

2012年 全日本JSB1000 ランキング3位

2011年 全日本ST600 チャンピオン、全日本J-GP2 ランキング4位

2010年 全日本ST600 チャンピオン、全日本J-GP2 ランキング2位

2009年 全日本JSB1000 ランキング3位

2008年 全日本JSB1000 ランキング4位

2007年 全日本JSB1000 ランキング7位

2006年 全日本JSB1000 ランキング3位

2005年 全日本JSB1000 ランキング2位

2004年 全日本JSB1000 ランキング2位

2003年 全日本JSB1000 ランキング4位

2002年 全日本JSB1000 チャンピオン

2001年 全日本スーパーバイク ランキング6位

2000年 全日本スーパーバイク ランキング8位

1999年 全日本GP250 ランキング7位

1998年 全日本GP250 ランキング5位

1997年 全日本GP250 ランキング14位

トニー・エリアス 戦績

1983年3月26日 スペイン・カタルニア州出身

2014年 スーパーバイク世界選手権 ランキング9位

2013年 Moto2クラス ランキング18位

2012年 MotoGPクラス ランキング24位、Moto2クラス ランキング17位

2011年 MotoGPクラス ランキング15位

2010年 Moto2クラス チャンピオン 

2009年 MotoGPクラス ランキング7位

2008年 MotoGPクラス ランキング12位

2007年 MotoGPクラス ランキング12位

2006年 MotoGPクラス ランキング9位

2005年 MotoGPクラス ランキング12位

2004年 世界GP250ccクラス ランキング4位

2003年 世界GP250ccクラス ランキング3位

2002年 世界GP 250ccクラス ランキング4位

2001年 世界GP 125ccクラス ランキング3位

2000年 世界GP 125ccクラス ランキング20位

1999年 世界GP 125ccクラス スポット参戦

  • 佐久間光政
  • 山口辰也選手
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ