【ボッシュ Boxberg15】自動車事業の売上高は13%成長…中国でのクリーンディーゼルが牽引

業界 レスポンス

ボッシュ・オートモーティブ(以下、ボッシュ)は5月19日、ドイツ・シュトゥットガルト郊外ボックスベルグテストコースで国際的なプレスブリーフィングを開催した。

ボッシュは、大きく分けて4事業を展開。モビリティ・ソリューションズ、インダストリアル・テクノロジー、コンシューマー・グッズ、エナジー&ビルディング・テクノロジー。ボッシュは従来自動車機器テクノロジーと読んでいた事業セクターをモビリティソリューションズ事業と変更している。

このモビリティソリューションズ事業が、ボッシュ・グループ最大の事業部門。2014年の売上高は333億ユーロで、総売上高のおよそ68%を占めた。

5月19日、モビリティ・ソリューションズ事業部が発表した2015年第1四半期(1-3月)決算では、売上高が前年同期に対して13%増加。営業実績は、前年同期に対して8.9%増と、好調だった。

同部門のロルフ・ブーランダー統括部門長によると、8.9%の伸び率は、世界の自動車生産成長率の2倍以上。横滑り防止装置のESCや、ガソリンおよびディーゼルエンジンの直噴システムの販売が、それぞれ約20%伸びたのが大きいという。特に中国におけるクリーンディーゼルシステムの売上高が伸びている。

同統括部門長は、「今年2月ステアリング部門をZF社から購入し、ボッシュ・オートモーティブ・ステアリングとして組織再編を行った。すでに10%以上の名目成長率となって現れた。モビリティソリューションズ事業では126の製造拠点と59のコンピテンスセンターによる世界的なネットワークを構築し、従業員数は20万5000人。そのうち3万9500人ほどが研究開発に従事している。技術的、そして国際的な立場でも、ボッシュの地位は良好。2015年も、市場を上回る売上成長が見込まれる」と語っている。

  • 森脇稔 三浦和也
  • シュトゥットガルト郊外Boxbergのボッシュテストコースで行われたプレスブリーフィングより《撮影: 三浦和也》
  • シュトゥットガルト郊外Boxbergのボッシュテストコースで行われたプレスブリーフィングより《撮影: 三浦和也》
  • シュトゥットガルト郊外Boxbergのボッシュテストコースで行われたプレスブリーフィングより
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ