トヨタ、FCV関連技術で恩賜発明賞を受賞…過去には佐吉翁も自動織機で受賞

業界 レスポンス

トヨタ自動車は5月21日、燃料電池を急速暖機する制御方法に関する発明で、2015年度全国発明表彰において最高位の賞である「恩賜発明賞」を受賞したと発表した。

恩賜発明賞は、皇室からの御下賜金を拝受し、最も優れた発明の完成者に贈呈される全国発明表彰の象徴的な賞だ。

今回受賞した発明は、燃料電池の発電時に発生する熱を利用して燃料電池を急速に暖めることで、発電時に生成される水の燃料電池内での凍結を防止するもの。この発明により、燃料電池自動車(FCV)が氷点下で始動する場合の課題を解決。氷点下での始動や運転が可能となり、FCV「MIRAI」の市販に繋がった。

なお恩賜賞は、授与が始まった1926年に豊田佐吉が、1938年には豊田喜一郎が、自動織機に関する発明で受賞している。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ