【人とくるまのテクノロジー展15】IDIADAのEVスーパースポーツが上陸

業界 レスポンス

スペインを中心に世界中に開発拠点をもつIDIADA(イディアダ)のブースには、見慣れないスーパーカーが鎮座していた。ヴォラーレと名付けられたこのクルマは、同社のテクノロジー・デモンストレーター。これまでスケールモデルやパネル展示でしかお目にかかれなかったマシンが、ついに日本に上陸したのである。

「このヴォラーレは、ヨーロピアン・コミッション、欧州委員会の企画コンペで開発を依頼されたマシンです。エコな乗り物という印象が強いEVに高性能なイメージを与えるために製作されました」。と説明してくれたのは日本のイディアダ・オートモーティブ・テクノロジーのスタッフ。

4輪それぞれにモーターを組み合わせ最高出力は1000ps、Wウイッシュボーンサスペンションで支えたシャーシは、期待通りのパフォーマンスを発揮。最高速度は300km/hをマーク、ハンドリングやコーナリング、ブレーキングの試験もこなし、高い完成度を示すことを証明したそうだ。

さらに充電システムも開発し、最大800V200Aでの充電により15分の急速充電も可能にしているとか。航続距離は220kmほどのようだが、これだけの内容を備えるヴォラーレを欲しくなる富裕層も少なくないだろう。だが同社は開発や評価試験を自動車メーカーから請負う企業。そのため、残念ながらこのクルマを量産、市販化することはないそうである。

  • 高根英幸
  • イディアダ社が開発したEVスーパースポーツ・コンセプト「ヴォラーレ」
  • イディアダ社が開発したEVスーパースポーツ・コンセプト「ヴォラーレ」
  • イディアダ社が開発したEVスーパースポーツ・コンセプト「ヴォラーレ」ブレーキはカーボンセラミックローターを採用
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ