コンチネンタル、新センサーモジュールを開発…トヨタ セーフティ・センスC に提供

テクノロジー レスポンス

コンチネンタルは、カメラとレーザーレーダーをコンパクトユニットに統合した新しいセンサーモジュールMFLを開発、トヨタ自動車の衝突回避支援パッケージ「セーフティ・センスC」向けに供給を開始している。

MFLはカメラとレーザーレーダーの利点を組み合わせ、車両前方の障害物との距離を10cmから10メートルまで正確に計測できるという。衝突の危険がある場合には、ドライバーにブザーとディスプレイ表示で警告。万が一、衝突が避けられないとクルマが判断した場合には、自車速度約10〜80km/hの幅広い速度域で自動ブレーキを作動する。

また、MFLモジュールは非常にコンパクトで、ルームミラーの裏のわずかなスペースに取り付けが可能。セーフティ・センスCにも採用されている車線逸脱による事故に備えるレーンディパーチャーアラートの他、レーンキーピングシステム(LKS)、道路標識認識(TSR)といった他のドライバー支援システム機能をオプションとして追加することもできる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ