【マツダ ロードスター 新型発表】小飼社長、世界のスポーツカー市場「2017年には70万台に増加」

新車 レスポンス

マツダは5月20日、スポーツカー『ロードスター』の発表会を開催した。その会見の席上、小飼雅道社長はロードスターのようなスポーツカー市場がこれから世界で拡大していくとの見通しを示した。

スポーツカー市場はSUVなどの使い勝手のいい車に押され、1990年代から世界的に市場が縮小。それが「2008〜2009年を境に上昇傾向に転じ、14年には40万台レベルにまで回復した。17年には70万台まで需要が増加する」と小飼社長。

そんな見通しに対して、小飼社長はさらに「われわれのロードスターはその需要を喚起する車という考えを持って取り組んでいきたい」と熱く語っていた。ただ、販売増のための秘策はないそうで、「まずはわれわれの商品力を訴求して、お客様に認めてもらう」とのことだ。そのために、客と徹底したコミュニケーションを行っていく方針だという。

すでにその種の催しは何度も開催され、大きな反響を呼んでいる。今後も継続的に開いていく予定で、テストコースでのファンミーティングも計画されている。ロードスターはマツダの象徴であると同時に、スポーツカー市場を支えてきたという歴史がある。それだけに、小飼社長も今回のロードスターにかける思いは強い。

  • 山田清志
  • 小飼雅道社長《撮影 山田清志》
  • マツダ 新型ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ 新型ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ 新型ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター 新型発表《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ