【鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン】レスポンス・ミーティング初開催、LPG搭載 プリウス から往年のベントレーまでが一堂に

モータースポーツ レスポンス

5月24日から25日にかけて三重県の鈴鹿サーキットにおいて開催された「鈴鹿サウンド・オブ・エンジン」。初日の24日、サーキット内Cパドックにおいてモビリティ・ニュースサイト『レスポンス』による「レスポンス・ミーティング」が開催された。

「レスポンス・ミーティング」は、国産車・輸入車を問わず様々なジャンルのクルマが集まり、読者同士の交流を行うファン交流イベントで、今回が初開催。この日は50組100名ほどの読者が集まった。

8時半のゲートオープンから徐々に参加者が集まり、愛車を前に自然と会話が弾む。参加車両の中の一台、LPGタンクを追加した”トライブリッド”『プリウス』には多くの参加者が興味津々で、『LPG・ガソリン・電気の3つで走行でき、トータルで2000km以上は走る」とオーナーが述べると、周りからは信じられないという声も聞かれた。

さらに今回、ミーティング参加者を対象に、テスラ『モデルS』を体験する場も設けられ、初めて体験するモーターの加速力に参加者は一様に驚いた様子だった。

場所は1コーナー内側に設けられた「激感エリア」に続くCパドック内。激感エリアに向かうファンも、普段なかなか見ることのできない貴重な車両を写真に収めるなど、クルマ好き同士で多くの交流が生まれ「もっと読者同士が交流する機会を増やして欲しい」という声も上がっていた。

  • 橋本 隆志
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで行われたレスポンス・ミーティングの様子《撮影 橋本隆志》
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで行われたレスポンス・ミーティングの様子《撮影 橋本隆志》
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで行われたレスポンス・ミーティングの様子《撮影 橋本隆志》
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで行われたレスポンス・ミーティングの様子《撮影 橋本隆志》
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで行われたレスポンス・ミーティングの様子《撮影 橋本隆志》
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで行われたレスポンス・ミーティングの様子《撮影 橋本隆志》
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで行われたレスポンス・ミーティングの様子《撮影 橋本隆志》
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで行われたレスポンス・ミーティングの様子《撮影 橋本隆志》
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで行われたレスポンス・ミーティングの様子《撮影 橋本隆志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ