【INDYCAR 第6戦】モントーヤが大逆転優勝! 琢磨は1周目のアクシデントが響き13位

モータースポーツ レスポンス

波乱の幕開けだった。スタート直後のターン2入り口で佐藤琢磨がセイジ・カラムと接触した。琢磨は左フロント・サスペンションを痛めピットでの修復を余儀なくされる。

そのイエローが解除されようとしていた7周目にシモーナ・デ・シルベストロがファン・パブロ・モントーヤに追突するというアクシデントが起こった。リヤ・ホイール・ガードを壊したモントーヤはピットに飛び込む。これでモントーヤ2度目のINDY制覇は消えたと誰もが思った。

トップ争いはスコット・ディクソン、トニー・カナーンのチップ・ガナッシ勢とシモン・パジェノー、ウィル・パワーのペンスキー勢との間で展開された。この4人の中からトニー・カナーンが残り48周で脱落した。ターン3での単独スピン・クラッシュだった。

チップ・ガナッシからはカナーンと入れ替わるようにチャーリー・キンボールが首位争いに名乗りを上げて来たが、ペンスキーからももうひとりの男が上位に進出して来た。モントーヤだ。

残り15周で最後のグリ−ン・フラッグが振られるとトップ争いは激化する。パワーはなんとかディクソンを退けることに成功するが、今度は残り4周でモントーヤにその座を奪われる。まだINDY500での優勝がないパワーは懸命に食い下がったがコンマ1秒差で涙を飲んだ。

2000年に次ぐモントーヤ2度目のINDY500優勝だ。2位パワー。3位キンボール。84周もリード・ラップを奪いながら4位に沈んだディクソンとは対照的に、勝ったモントーヤのリード・ラップは僅か9周だった。

昨年、ロジャー・ペンスキーにNASCARからオープン・ホイール・レースに呼び戻されたモントーヤが復帰後2度目のINDY500でビクトリー・レーンに帰ってきた。今年40歳になる彼には決してたやすい挑戦ではなかったはずだが、これこそが彼の生きるべき道なのだろう。モントーヤのINDY500での戦績は3戦2勝、勝率6割6分という恐ろしいものとなった。

琢磨は一時3周遅れになりながらもレースを諦めず、同一ラップまで巻き返してのINDY500自己最高位タイ13位でフィニッシュした。あの1周目の事故さえなければと悔やまれる。カラムの見解は異なるが3ワイドでのスタートである以上、ターン1ではアウトに1台分のラインは残しておかなければいけないだろう。行き場を奪われた琢磨に同情を禁じ得ない。

  • 重信直希
  • 第99回 INDY500スタート《撮影 重信直希》
  • パワーを押さえ切ってチェッカーを受けるモントーヤ《撮影 重信直希》
  • 優勝のモントーヤと4位ディクソン《撮影 重信直希》
  • アクシデントを乗り越え、13位フィニッシュの佐藤琢磨《撮影 重信直希》
  • ホンダ勢トップは5位のグレアム・レイホール。後方は同じくホンダの6位マルコ・アンドレッティ。《撮影 重信直希》
  • モントーヤの母国コロンビアのサポーター。《撮影 重信直希》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ