【CESアジア 15】アウディ、中国2社と協力拡大…車載ネット事業を強化

業界 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、アウディは5月22日、中国上海でのCESアジア15の開幕に先駆けて、百度(バイドゥ)と華為技術(ファーウェイ)との協力関係を拡大すると発表した。

百度は中国のインターネット検索最大手。本社は北京市に置く。全世界でも、検索エンジン市場でグーグルに次ぐ2位のシェアを持つ。

華為技術(ファーウェイ)は1988年に設立。通信機器の研究開発や製造などを手がけ、携帯電話やタブレット型端末を生産。日本では、「NTTドコモ」や「ワイモバイル」など数社に、スマートフォンなどを供給している。

アウディと百度は2015年1月、協力関係を締結することで合意。今回はこれを一歩進め、中国市場でインターネット通信機能を持つコネクテッドカーを共同開発すると発表した。

また、華為技術との間では今回、中国市場向けのLTE(高速通信)モジュールを、共同開発すると発表している。

  • 森脇稔
  • アウディと百度の車載スマートフォンアプリ「CarLife」《撮影 三浦和也》
  • アウディブース(CESアジア15)《撮影 三浦和也》
  • アウディブース(CESアジア15)《撮影 三浦和也》
  • アウディブース(CESアジア15)《撮影 三浦和也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ