富士通テン、クラウド型タクシー配車システムを発売…ビッグデータ連携で効率アップ

業界 レスポンス

富士通テンは、タクシーの配車を効率的に行う「クラウド型タクシー配車システム」を開発し、6月1日より販売を開始する。

クラウド型タクシー配車システムでは、配車を管理する機能をクラウドセンターに集約。これまでタクシー会社毎に所有していた専用サーバが不要となり、設備導入にかかる初期費用の低減や時間短縮に貢献するほか、24時間保守体制で障害の解決にも対応する。

また、富士通の位置情報を活用したクラウドサービス「スペーシオウル」を使用し、気象情報や鉄道の運行情報、イベント開催情報など位置に紐づいた様々なビッグデータと連携。タクシー需要の予測に役立つ情報を分析することで、計画的な車両配置や効率的な流し運行などを実現するサービスを、2015年秋頃より順次提供していく計画だ。

なお、タクシーと配車センターをつなぐ通信手段は、クラウド型タクシー配車システムでは日本で初めて、専用電波を使用する「デジタル無線」と、携帯電話網を使用する「IP無線」の両方に対応した。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ