BASF、炭素繊維強化材を使ったフロントエンジンカバーなど開発

業界 レスポンス

BASFは、フォードおよびモンタプラスト社と提携、炭素繊維強化材を使った前部エンジンカバーおよび構造用オイルパンを開発したと発表した。

BASFは、最新の駆動装置用複合部品の開発を目的にフォードおよびモンタプラストと提携。フォードの1リットル3気筒 GTDIエコブーストエンジンのアルミニウム鋳物製のフロントエンジンカバーと構造用オイルパンを、炭素長繊維(LCF)ポリアミド複合材に置き換えることに取り組んだ。

その結果、エンジンあたり約1.8kgの軽量化を可能にするLCF部品の試作品が完成。部品ごとでは、フロントエンジンカバーの23%、構造用オイルパンの33%の重量削減に成功した。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ