GLMとローランド、EV向けサウンドシステムを共同開発

エコカー レスポンス

GLMは、運転状況に応じて変化する電気自動車(EV)向けサウンドシステムをローランドと共同開発、量産EVスポーツカー『トミーカイラ ZZ』のオプションとして、2015年秋に販売開始する。

EVはモーター駆動で高い静穏性が長所とされる反面、エンジンから発せられる排気音がないため、スポーツカーなどで走りを楽しむドライバーにとっては走行音が物足りないという声も多い。

今回、そのような不満を解消スべく、日本初の量産EVスポーツカーを開発したGLMと、電子楽器メーカー ローランドがコラボレート。EV向けサウンドシステムを共同開発した。

具体的には、車載ネットワークから得られる、車速やアクセルの踏み込み量、動力系への負荷といった車両の状況をリアルタイムで検知。ローランドのシンセサイザー技術を応用して、近未来的でアクティブなサウンドを合成し、車内ステレオスピーカーで再生するというものだ。

EV向けサウンドシステムでは、スポーツカーや高級車にもマッチする、上品で高級感あるサウンドタイプを数種類用意。ドライブシーンや運転者の好みによって選択できる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • EV車載用サウンド・システム
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ