GT-R ニスモ 用データトランスミッターキット発売…アプリ利用可能に

業界 レスポンス

ニスモは、『GT-R』用アプリ「NissanConnect Nismo」をニスモロードカーシリーズで使用するためのデータトランスミッターキットを5月25日より受注生産で発売する。

GT-Rニスモ用に開発された「NissanConnect Nismo」は、ドライビングスキルアップに役立つメーター表示やラップタイムの計測、データロガー機能などの車両情報を簡単に確認できるスマホ向けアプリ。

メーター表示はGT-R(R35)標準のマルチファンクションメーターと同様に視認性が高く、洗練されたグラフィックデザインを採用。さまざまな車両情報を確認できる。

ラップタイム計測・表示機能では、サーキット走行時に、スタート・フィニッシュラインを通過後、自動的にラップタイムを計測・表示。データロガー機能では、サーキット走行時の車両情報をスマートフォンの内部ストレージに保存し、グラフ化してドライビングを解析。また、スマートフォンのGPSより取得した位置情報を元に、走行ラインを地図上に表示する。

データトランスミッターキットの対応モデルは、『フェアレディZニスモ(Z34)』(13年6月〜)(14年モデルイヤー、15年モデルイヤー)、『ジューク ニスモ / ニスモRS(F15)』、『マーチ ニスモS(K13)』、『ノート ニスモS(E12)』。

価格は6万円(フェアレディZのみ7万2000円)。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • メーター表示機能
  • ラップタイム計測・表示機能
  • 日産 NISMO GT-R《撮影 宮崎壮人》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ