【SBK 第6戦】カワサキ、トム・サイクスが今季初勝利

モータースポーツ レスポンス

スーパーバイク世界選手権(SBK)第6戦イギリス大会が、5月22日から24日までの3日間、ドニントンパークで開催され、トム・サイクス(カワサキ)が完全勝利を達成した。

第1レースは、序盤こそチームメートのジョナサン・レイと、レオン・ハスラム(アプリリア)に先行を許したが、レース中盤にトップに立つとレイとのし烈なバトルを制し、終盤にはレイを突き放してサイクスが今季初優勝を達成。第2レースは、ホールショットを奪うと、オープニングラップから誰も寄せ付けない快走を披露しての2連勝達成だった。

昨年のイタリア・ミサノ大会以来、11戦ぶりに完全優勝を達成したサイクスは、これで通算24勝目を記録。カルロス・チェカと並ぶ史上7番目の優勝数となった。昨年、ドニントンパークで初の2年連続完全優勝を達成したサイクスは、その記録を3年連続に伸ばした。そして、ドニントンパークでの6勝目達成は、4度の世界タイトルを獲得したカール・フォガティと並ぶ最多優勝数となった。

一方、総合首位のレイは両レースで2位表彰台に立ち、トップをキープ。総合2位のハスラムが両レースで4位に終わったことで、87点差から101点差へと広げることに成功。念願のタイトル獲得に向けて、また一歩前進した。

■レース1

1位:トム・サイクス(カワサキ)

2位:ジョナサン・レイ(カワサキ)

3位:チャズ・デイビス(ドゥカティ)

4位:レオン・ハスラム(アプリリア)

5位:アイルトン・バドビーニ(BMW)

6位:アレックス・ローズ(スズキ)

■レース2

1位:トム・サイクス(カワサキ)

2位:ジョナサン・レイ(カワサキ)

3位:チャズ・デイビス(ドゥカティ)

4位:レオン・ハスラム(アプリリア)

5位:ダビデ・ジュリアーノ(ドウカティ)

6位:アレックス・ローズ(スズキ)

■ポイントスタンディング

1位:ジョナサン・レイ(カワサキ)280P

2位:レオン・ハスラム(アプリリア)179P

3位:トム・サイクス(カワサキ)178P

4位:チャズ・デイビス(ドゥカティ)155P

5位:ジョルディ・トーレス(アプリリア)117P

6位:シルバン・ギュントーリ(ホンダ)92P

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トム・サイクス(カワサキ)とジョナサン・レイ
  • ジョナサン・レイ(カワサキ)
  • トム・サイクス(カワサキ)
  • ジョナサン・レイ(カワサキ)
  • トム・サイクス(カワサキ)
  • ジョナサン・レイ(カワサキ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ