【鈴鹿8耐】打倒ストーナーの最右翼チーム登場、王座奪還に挑むヤマハ

モータースポーツ レスポンス

7月23日から26日に開催されるコカ・コーラ ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレース。2007年と2011年のMotoGPチャンピオンのケーシー・ストーナーが、MuSASHI RT HARC-PRO.からの参戦を表明すれば、2010年にMoto2初代チャンピオンを獲得したトニー・エリアスがTOHO Racing with MORIWAKIからの出場が決定した。

そしていよいよYAMAHA FACTORY RACING TEAMの体制が発表、ビッグネームに対抗するにはビッグネームしかないとばかりに現役MotoGPライダーのポル・エスパルガロとブラッドリー・スミスを起用することになった。

◆中須賀に加え、現役MotoGPライダー2人の布陣

ロードレース活動を開始して60周年となるヤマハは今年、全日本ロードレースでファクトリー活動を再開させた。マシンも、フルモデルチェンジされた新型『YZF-R1』。ライダーにはJSB1000で3連覇中、通算5度のチャンピオン獲得経験のある中須賀克行を起用する。そして今年の鈴鹿8耐には中須賀を中心にライダーが構成されると予想されていたのだが、エスパルガロとスミスの現役MotoGPライダーを招聘したところに、中須賀の実力を高く評価し、そして鈴鹿8耐のタイトルを本気で獲りに行くヤマハの意気込みが感じられる。

エスパルガロ、スミスともに耐久マシンも鈴鹿サーキットも初めてだが、マシンやサーキットへの高い順応力がなければMotoGPライダーは務まらないことから、そうした不安はないと言っていい。中須賀、エスパルガロ、スミスのYAMAHA FACTORY RACING TEAMと、ケーシー・ストーナー、マイケル・ファン・デル・マーク、高橋巧のMuSASHI RT HARC-PRO.との真っ向勝負は、まるで以前のH・Yバトルを彷彿とさせるもので、間違いなく今年の話題の中心となる。

◆まだまだ続く主要チームの体制発表

現段階でなんとも豪華な顔ぶれがそろうことになった今年の鈴鹿8耐だが、まだ沈黙を守ったままのチームがある。それがヨシムラスズキシェルアドバンス、Team GREEN、F.C.C. TSR Honda、Team KAGAYAMAといった鈴鹿8耐での主要チームだ。

ヨシムラスズキシェルアドバンスは全日本JSB1000のエース津田拓也は確実で、昨年もチームに加わったジョシュ・ウォーターズなどの名前が上がる。また、Team GREENは全日本JSB1000を戦う柳川明と渡辺一樹は確実視されており、第3のライダーには過去にHondaで活躍したジョナサン・レイや藤原克昭の名前が噂に上がっている。そして F.C.C. TSR Hondaは、全日本JSB1000のジョシュ・フックを中心に、状況的に外人ライダーでのチーム構成が有力と言えるだろう。さらにTeam KAGAYAMAでは加賀山就臣、芳賀紀行が有力で、第3のライダーに注目が集まる状況だ。

MotoGP世界選手権、スーパーバイク世界選手権、そしてアジアロードレース選手権などを戦うライダーが集結してのワールドワイドでの戦いは鈴鹿8耐の本質だ。しかし、これだけのビッグネームがそろう今年は“白熱・激戦の鈴鹿8耐”になることが確実で、鈴鹿サーキットの夏はさらにヒートアップするだろう。

  • 佐久間光政
  • MotoGPに参戦中のブラッドリー・スミス《画像 Getty Images》
  • 鈴鹿8耐初挑戦となるスミスとエスパルガロ《画像 Getty Images》
  • 中須賀が今季JSB1000で使用している新型『YZF-R1』《画像 Getty Images》
  • 中須賀克行《撮影 吉田 知弘》
  • 2015鈴鹿8耐への参戦が決まったブラッドリー・スミス《画像 Getty Images》
  • 2015鈴鹿8耐への参戦が決まったポル・エスパルガロ《画像 Getty Images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ