【人とくるまのテクノロジー展15】アラダ・システムズ社長、ルネサスとの提携「話は先方から」

業界 レスポンス

「人とくるまのテクノロジー展2015」の会期中に、ルネサス・エレクトロニクス・アメリカと提携を発表した加アラダ・システムズ。同社のプラビーン・シン社長は単独インタビューで「話は先方から来た」と打ち明けた。

ルネサスといえば、グローバルな半導体メーカーとして知られ、その半導体は今や車に多く搭載されている。「今回の提携により、今後市場の拡大が予想されるV2X(車車間通信および路車間通信など)の開発が大きく進展する可能性が高く、両社の専門知識・経験を一つに合わせれば、自動車関連OEMメーカーやティア1サプライヤーに信頼できるコネクテッドカー技術を提供することができる」という。

両社は今後、衝突回避や半自動運転機能など、積極的な安全システムのためのV2Xソリューションを開発すべく緊密に協力していく方針で、具体的には、ルネサスの高性能で最先端のR-Car System-on-ChipやIEEE 802.11pプロトコルをベースに、アラダ・システムズのDSRC(専用狭域通信)ソリューションをさらに強化していく。さらに、アラダ・システムズは、アーキテクチャー、セキュリティーサービス、メッセージマネジメント、ネットワーキング、マルチモーダルオペレーションなどのためにIEEE 1609.xプロトコルを提供する。

「ルネサスのような大手半導体メーカーと提携できたことは、うちにとっては大きなチャンス。今回の提携がきっかけになって、OEMメーカーやティア1サプライヤーと一緒にビジネスをすることが増えてくると思う。また、なかには提携話も出てくるかもしれない」とシン社長は喜ぶ。今後、同社の動向には目が離せなくなりそうだ。

  • 山田清志
  • アラダ・システムズのコネクテッドカー関連商品《撮影 山田清志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ