すり抜け走行のバイク転倒、運転者がはねられ死亡

社会 レスポンス

21日午後5時ごろ、宮城県仙台市若林区内の国道4号で、車線変更したバイクがバランスを崩して転倒。路上に投げ出された運転者が後続の大型トラックにはねられる事故が起きた。この事故でバイクを運転していた33歳の男性が死亡している。

宮城県警・仙台南署によると、現場は仙台市若林区大和町5丁目付近で片側7車線の直線区間。バイクは渋滞中の車列をすり抜けるように走行していたが、車線変更の際にバランスを崩して転倒。運転していた男性が路上に投げ出された直後、後ろから進行してきた大型トラックにはねられた。

男性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打が原因でまもなく死亡。後の調べで、多賀城市内に在住する33歳の男性と判明した。

警察ではトラックの運転者から自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)容疑で事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ