世界最小のコンサートホール、スマート フォーツー にJBLの高性能オーディオ

新車 レスポンス

ドイツの高級車、メルセデスベンツ傘下のスマートは5月13日、新型『フォーツー』に高性能オーディオを組み込んだコンセプトカーを初公開した。

このコンセプトカーは、スマートとJBLが共同開発。「世界最小の移動コンサートホール」を掲げて、開発が進められた。

新型フォーツーのボディサイズは、全長2690×全幅1660×全高1550mm、ホイールベース1873mm。この小さなボディに、JBL製のハイエンドオーディオを装備した。

そのシステムは、合計5個のアンプで、最大150dBもの音圧を実現。その内訳は、3個のJBL製アンプがツイーターとミッドレンジスピーカー用、2個のJBL製アンプがサブウーハー用となる。

2個のツイーターと2個のミッドレンジスピーカーに加えて、16個のスピーカーを配置。直径30cmのサブウーハーが、迫力の重低音を響かせる。スマートは、「システムのトータル出力は5720W」と説明している。

  • 森脇稔
  • 新型スマートフォーツーのJBL仕様
  • 新型スマートフォーツーのJBL仕様
  • 新型スマートフォーツーのJBL仕様
  • 新型スマートフォーツーのJBL仕様
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ