トヨタ交通安全センター モビリタが設立10周年…プログラム参加者は5万人超

業界 レスポンス

トヨタ自動車の安全運転講習会専用施設として2005年、富士スピードウェイ内にオープンした「トヨタ交通安全センター モビリタ」がこの春で設立10周年を迎えた。

トヨタでは、「豊かなクルマ社会の実現」に向け、モビリティ社会の究極の目標である交通事故死傷者ゼロの実現に貢献するため、人・クルマ・交通環境の観点から、交通安全への取組みを推進している。

モビリタは、人、とりわけドライバーに向けた交通安全啓発活動として、1987年より展開している「トヨタ ドライバーコミュニケーション」を定常的に開催する専用施設として、2005年に富士スピードウェイ内にオープン。平日は主に企業や団体、週末には個人が来場し、モビリタのプログラム参加者は、10年間で5万人を超えた。

トヨタの豊田章男社長は、「モビリタは、様々なプログラムを通して、安全の大切さはもちろん、クルマを運転する楽しさも体感頂ける施設だと思っている。交通安全は自動車業界の一員として最重要課題であり、今後も皆さまのご協力を得ながら、しっかりと取り組んでいきたい」と述べた。

モビリタでは、2015年6月1日から2016年3月末までを10周年キャンペーン期間とし、講習を受けて人には、記念の粗品をプレゼント。また、期間中は、特に免許取得年数の浅いドライバーが受講しやすいよう、学生の受講料を一部半額に設定した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ交通安全センター モビリタ
  • トヨタ交通安全センター モビリタ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ