メルセデスの“6輪” Gクラス、映画『ジュラシック・ワールド』に起用

モータースポーツ レスポンス

日本市場にも、少数限定で導入されたメルセデスベンツ『G63 AMG 6×6』。この『Gクラス』ベースの6輪車が、ハリウッドの有名映画に起用される。

これは5月18日、メルセデスベンツが明らかにしたもの。『ジュラシック・パークシリーズ』の第4作、『ジュラシック・ワールド』に、メルセデスベンツG63 AMG 6×6が起用された、と発表している。

G63 AMG 6×6は、高いオフロード走破性能を備えたプレミアムSUVとして、世界中で人気の高いメルセデスベンツGクラスをベースに、メルセデスベンツが開発。車名の6×6とは、6輪車で全輪を駆動することを意味する。メルセデスベンツは、ベース車両の『G63 AMG』のボディを延長。後部に荷台のあるピックアップトラックとし、車輪を1軸追加して6輪車とした。

パワートレインは、G63 AMG 譲りの5.5リットルV型8気筒ガソリンツインターボ。最大出力544ps、最大トルク77.5kgmというパワフルな性能を発揮する。トランスミッションは、AMGスピードシフトプラス7Gトロニック。

車両重量は3850kgとヘビー級。それでも、5つのディファレンシャルロックを備え、37インチの足回りには、タイヤ空気圧のコントロールシステムを装備。Gクラス伝統のオフロード性能に磨きをかけ、砂漠などでは圧倒的な走破性能を実現した。

今回、メルセデスベンツは、ユニバーサルと協力。ユニバーサル・ピクチャーズが製作する映画、『ジュラシック・ワールド』に、メルセデスベンツG63 AMG 6×6が起用される。前作以来、14年ぶりの作品となり、米国では6月、公開される予定。

  • 森脇稔
  • 『ジュラシック・ワールド』に起用されたメルセデスG63 AMG 6×6
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ