フォルクスワーゲン、中国湖南省に新工場を開業…中国20拠点目

業界 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループは5月26日、中国湖南省に新工場を開業した。

この新工場は、フォルクスワーゲンと上海汽車の中国合弁、上海フォルクスワーゲンの工場。年産能力は30万台で、フォルクスワーゲンとシュコダの両ブランド車を組み立てる。

立地は、上海市から西へ、およそ900kmの場所。新工場は、フォルクスワーゲングループにとって、世界で119番目、中国では20番目の工場となる。

同工場は、上海フォルクスワーゲンにとって、初の世界トップレベルの環境に配慮した工場と認定された施設。太陽光と水素から得られた電力で操業し、CO2の排出量を抑えた。

フォルクスワーゲングループチャイナのヨッへム・ヘイツマン社長兼CEOは、「中国はフォルクスワーゲングループにとって、最大かつ最重要な市場」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ