TDK、電源回路用パワーインダクタを開発…エンジンルーム内環境に耐性

業界 レスポンス

TDKは、車載向け電源回路用のパワーインダクタ「CLF7045NI-D」を開発し、8月から量産開始すると発表した。

自動車の電装化が進み電子制御ユニット(ECU)は増加傾向にあるが、これらの電源回路にパワーインダクタが使用されている。同社では、エンジンルーム内の過酷な環境にも耐えるマイナス55〜プラス150度までの広い温度範囲に対応可能な高効率で、高い信頼性を持つパワーインダクタCLF7045NI-Dシリーズを開発した。

AEC-Q200に準拠しているほか、独自の材料技術により、耐熱性の高い材料を選定、継線部分には溶接工法を導入し、はんだレス構造を実現した。

また、独自の構造設計により機械的強度を向上、エンジンコントロールモジュール(ECM)やエアバッグ、ABS、ヘッドライトなどのECUに使用できる。同社では、国内の工場に自動一貫ラインの製造工程を導入して、高信頼性高品質の製品を供給していく。

シリーズは、既存シリーズである6mm角のCLF6045NI-Dシリーズに加え、今後、小型サイズの5mm角、大型サイズの10mm角、12.5mm角を開発し、多様な設計用途に対応した豊富なラインアップを展開していく。

サンプル価格は1個50円。当初、月産200万個を生産する。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ