【メルセデス AMG C63 発表】ダウンサイズ&ターボで歴代最強、510馬力に

新車 レスポンス

メルセデス・ベンツ日本が5月27日発表した新型『メルセデス AMG C63』は、4リットルV8直噴ツインターボエンジンを搭載し、先代の6.3リットルV8自然吸気エンジンから排気量こそダウンサイズしたが、最高出力、トルクとも先代を上回るパフォーマンスを発揮する。

メルセデス・ベンツ日本AMGブランドマネジメント課の上野麻海マネージャーは「パワーとトルクを先代よりも高めると同時に、やはりスポーツカーといえども環境性能、CO2の排出量に配慮しており、先代よりも約20%燃費改善している。パワーと環境性能を両立するエンジンになっている」とダウンサイズした背景を明かした。

商品企画1課の木下潤一マネージャーは新エンジンが「『メルセデスAMG GT』と共通の基本設計」とした上で、「ピストンを鍛造アルミ製とするとともに、シリンダーにはシリンダーウォールにスチールカーボン材をコーティングするナノスライド加工を施すことで、高強度と摩擦の低減を実現している」と説明した。

新エンジンは、2基のターボチャージャーをVバンクの内側に配置するホットインサイドVレイアウトを採用。ターボチャージャーへの吸排気経路を最適化することで優れたレスポンスを生み出す。これら数多くの最新の技術により、C63は最高出力476馬力、650Nmを、C63Sは最高出力510馬力、700Nmを実現している。

  • 小松哲也
  • メルセデスAMG C63 発表会《撮影 小松哲也》
  • メルセデスAMG C63 発表会《撮影 小松哲也》
  • メルセデスAMG C63 発表会《撮影 小松哲也》
  • メルセデスAMG C63 発表会《撮影 小松哲也》
  • メルセデスAMG C63 発表会《撮影 小松哲也》
  • メルセデス・ベンツ日本 AMGブランドマネジメント課 上野麻海 マネージャー《撮影 小松哲也》
  • メルセデスAMG C63 発表会《撮影 小松哲也》
  • メルセデス・ベンツ日本 商品企画1課 木下潤一 マネージャー《撮影 小松哲也》
  • メルセデス AMG C63 発表会《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ