メルセデスベンツ、独工場を改修へ…生産能力を増強

業界 レスポンス

ドイツの自動車大手、ダイムラーは5月21日、メルセデスベンツのドイツ・ブレーメン工場を改修すると発表した。

ブレーメン工場は、メルセデスベンツの主力工場のひとつ。『Cクラス』をはじめ、『Eクラス』など、中核車種の生産拠点として、位置付けられている。

ブレーメン工場は2014年、およそ34万台を生産。C/Eクラスの他には、『SLK』、『GLK』、『SL』など、合計8車種を生産している。

今回、ダイムラーは、メルセデスベンツのドイツ・ブレーメン工場を改修すると発表。その目的は、工場の設備を更新することで、生産能力を引き上げることにある。製造ラインに柔軟性を持たせ、さらに多くの車種を組み立てていく。

ダイムラーのメルセデスベンツ乗用車生産担当、Markus Schafer取締役は、「ブレーメン工場の改修計画は、生産性を高めると同時に、さらに柔軟で効率的な生産を行うために行う」と述べている。

  • 森脇稔
  • メルセデスベンツ Cクラス
  • メルセデスベンツ Eクラス
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ