ランボルギーニ の新型SUV、2018年の市販が決定

新車 レスポンス

イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは5月27日、新型SUVの生産をイタリア工場で行う計画を発表した。

ランボルギーニは2012年春、北京モーターショー12に、SUVコンセプトカーの『URUS』を出品。SUV市販の可能性を模索してきた。それから3年を経た今回、新型SUVの市販化計画が公表された。

ランボルギーニの新型SUVは、『アヴェンタドール』、『ウラカン』に続く同社の第3のモデルレンジ。2018年の市場投入を予定している。

また、この新型SUVは、既存のランボルギーニの顧客で、他ブランドのSUVを所有しているオーナーからの代替需要だけでなく、新規顧客の獲得も目指す。

ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「今回の発表は、ランボルギーニの全従業員にとって、誇り高い瞬間。第3のモデルの投入が、持続的な成長を可能にする」と述べている。

  • 森脇稔
  • ランボルギーニ URUS(参考画像)
  • ランボルギーニ URUS(参考画像)
  • ランボルギーニ URUS(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ