仙台市・秋田交通圏・熊本交通圏でタクシー営業台数を規制…新潟交通圏は継続審議

社会 レスポンス

国土交通省は、運輸審議会の答申を受けて6月1日から「仙台市」、「秋田交通圏」、「熊本交通圏」でタクシーの営業台数を規制する特定地域に指定すると発表した。

運輸審議会は、仙台市、秋田交通圏、熊本交通圏を特定地域に指定することが適当と国土交通大臣に答申したことから、国交省が新たに指定した。

特定地域は、タクシーの供給過剰で事業者の採算が悪化している地域を対象にしており、指定されるとタクシー事業への新規参入や増車が認められず、既存のタクシー事業者も営業台数の減車などを強制される。

期間は2015年6月1日から2018年5月31日まで。

同じく運輸審議会に諮問されていた「新潟交通圏」は審議を継続する。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ