クライスラー のV6「ペンタスター」、累計生産500万基…5年で達成

業界 レスポンス

米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)は5月27日、3.6リットルV型6気筒ガソリン「ペンタスター」エンジンの累計生産台数が500万基に到達した、と発表した。

ペンタスターV6エンジンは、2011年モデルのジープ『グランドチェロキー』から搭載を開始。累計500万基は、生産開始からおよそ5年で達成した記録となる。

現在、ペンタスターV6には、排気量が3.6リットル、3.2リットル、3.0リットルの3種類を用意。2015年1-4月の米国販売では、全体の47%がペンタスターV6エンジンを積む。

また、ペンタスターV6は、米国だけでなく、メキシコでも生産。メキシコでは、3.6リットルを組み立てている。同エンジンは、各方面から高い評価を獲得。例えば、ワーズの「10ベストエンジン」を3年連続で受賞した。

北米FCAのボブ・リー副社長は、「ペンタスターV6の成功は続いている。このエンジンは、世界基準の性能を提供する」と語っている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ