【BMW 2シリーズ グランツアラー 発表】スタイル、運動性能で日本製ミニバンに対抗

新車 レスポンス

BMW『2シリーズ グランツアラー』は、先にデビューした『2シリーズ アクティブツアラー』の姉妹車として位置づけられ、最大の特徴は7人乗りであるということだ。

この2台の販売割合について、BMWグループジャパンBMWブランド・マネジメントディビジョンプロダクト・マーケティングの清水恵子氏は、「予想ではアクティブツアラーの方が売れると考えているが、ふたを開けてみないとわからない」とコメント。BMWとしても、同車が属するプレミアムコンパクトセグメントとしても初の7人乗りのMPVであるため、予測が難しいのが現状だ。

そのユーザー層について清水氏は、「グランツアラーは4人以上の家族。アクティブツアラーは1人か2人家族になるだろう」という。

また、アクティブツアラーの販売状況を分析すると、7割がBMW以外からの新規顧客であることから、グランツアラーも「それ以上の数字を狙いたい」とコメント。

特に日本のミニバンからの流入を狙っており、「日本のミニバンのほとんどはボクシーで、ピープルムーバーというイメージに近いのに対し、グランツアラーはBMWらしい伸びやかなフォルムと躍動的なスタイリングを実現している」とスタイリングの優位性を語る。

更に、「運動性能も高く、運転するお父さんも楽しめるのでは。また、奥様が乗っても、エステティック的にも良く見えるだろう。また、快適性や居住性も十分に考えられている」と述べる。

足周りは、「アクティブツアラーが採用している“Mサスペンション”ではないので、しなやかな走りを実現している」。

清水氏は、「プレミアムセグメントでこのコンパクトなサイズは魅力だ。そして、スタイリッシュで、なおかつ走りも楽しいという、全部を欲張ったクルマというのがこのクルマだ。まずは全体のパッケージングをまず見てほしい」と仕上がりに自信を見せた。

  • 内田俊一
  • BMW 2シリーズ グランツアラー《撮影 内田俊一》
  • BMW 2シリーズ グランツアラー《撮影 内田俊一》
  • BMW 2シリーズ グランツアラー《撮影 内田俊一》
  • BMW 2シリーズ グランツアラー《撮影 内田俊一》
  • BMW 2シリーズ グランツアラー《撮影 内田俊一》
  • BMW 2シリーズ グランツアラー《撮影 内田俊一》
  • BMW 2シリーズ グランツアラー《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ