ランボルギーニ 、新型SUVで世界販売倍増へ…2018年に5500台以上

業界 レスポンス

イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニが5月27日、新型SUVの生産をイタリア工場で行うと発表。この新型SUVで、ランボルギーニが狙うのが、販売の倍増だ。

ランボルギーニによると、新型SUVは年間、およそ3000台を生産する計画。そのために、イタリアのサンタアガタ・ボロネーゼ本社工場に、数100万ユーロ規模の投資を行い、工場を拡張する。

ランボルギーニの2014年世界新車販売台数は、新記録となる2530台。前年比は19%増と伸び、4年連続で前年実績を上回った。

つまり、新型SUVが発売される2018年には、ランボルギーニの世界新車販売は、現行の2500台レベルから、5500台以上へと、倍増することになる。

ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「新型SUVが、ランボルギーニの新時代の幕開けとなる」と述べている。

  • 森脇稔
  • ランボルギーニ URUS
  • ランボルギーニ アヴェンタドールLP700-4
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ