ボルボ車、Apple Watch と連携へ…車載テレマが進化

業界 レスポンス

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボカーズは5月28日、「ボルボ・オンコール」のアップデート版を導入すると発表した。

ボルボ・オンコールは、2001年に発表。車載テレマティクスの草分け的存在のひとつとなった。事故などの緊急時にオペレーターに自動接続できるほか、GPS技術を導入して、盗難車の早期発見などを可能にしていた。

ボルボカーズは今回、ボルボ・オンコールにアップデートを施すと発表。新たに、「Apple Watch」や「Android Wear」などのウェアラブル端末とボルボ車を、連携させるためのアプリケーションが追加された。

ボルボ・オンコールのアップデート版では、ウェアラブル端末を通じて、遠隔操作で車両のロックと解除ができるほか、他の多くのボルボのサービスを利用できるようにした。

ボルボカーズのコネクテッド担当、David Holecek氏は、「ボルボ・オンコールは、ボルボ車の日常的な機能を使いこなすためのアプリケーション」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • ボルボ XC90 新型
  • ボルボ XC90 新型
  • ボルボ XC90 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ