メルセデスの南ア工場、乗用車の累計生産100万台

業界 レスポンス

ドイツの自動車大手、ダイムラーは5月28日、メルセデスベンツの南アフリカ共和国イーストロンドン工場が、乗用車の累計生産100万台を達成した、と発表した。

イーストロンドン工場は、1958年に稼働。1998年には、ダイムラーの完全傘下の工場となった。1958年以来、メルセデスベンツの24車種を生産している。

最近では2014年5月、新型『Cクラスセダン』がラインオフ。新型は世界4工場で組み立てられており、米国のタスカルーサ、中国の北京に先駆け、南アフリカのイーストロンドン工場が、ドイツのブレーメン工場に続いて、新型Cクラスの世界で2番目の生産拠点になった。

5月28日、メルセデスベンツの南アフリカ共和国イーストロンドン工場が、乗用車の累計生産100万台を達成。その多くが、4世代に渡って同工場で組み立てられてきたCクラスとなる。

ダイムラーのメルセデスベンツ乗用車生産担当、Markus Schafer取締役は、「南アフリカはグローバルなCクラスの生産ネットワークにおける重要拠点」と述べている。

  • 森脇稔
  • メルセデスベンツ Cクラス
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ