【パイクスピーク15】チームAPEV、最高出力1.1MWの新型EVで総合優勝を狙う

モータースポーツ レスポンス

電気自動車普及協会(APEV)は「パイクスピーク EVチャレンジ実行委員会」を組織し、6月22日から28日に米国コロラド州で開催されるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに「TEAM APEV with MONSTER SPORT」として参戦する。

同プロジェクトでは、2012年の初参戦以来、地球環境の保全と電気自動車(EV)の普及を訴えてきた。今年から始まる第2フェイズでは、2012〜2014年の第1フェイズの実績を基に、EVによる初の総合優勝を目標に掲げ、EVの可能性を極限まで追求した新型車両を投入する。

新型車両「2015 Tajima Rimac E-Runner Concept_One」は、シャシーやパワートレーンを刷新。タジマモーターコーポレーション、SIM-Drive、RIMAC AUTOMOBILI(クロアチア)が車両製作に参加し、世界初となる1.1MWの高出力EVレーサーを開発。0-100km/h加速は2.2秒、最高速度は270km/hに達する。また、タイヤサプライヤーは引き続きGiti Tire(シンガポール)が努め、1.1MWの最高出力に合わせて開発された専用タイヤが供給される。

新型EVレーサーは、パイクスピーク・レジェンドであり、APEV代表理事を務める田嶋伸博氏がドライブする。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 田嶋伸博氏
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ