トラックが坂道を無人滑走、止めようとした男性が挟まれ死亡

社会 レスポンス

5月28日正午ごろ、愛媛県松山市内の市道で、路上駐車していたトラックが無人のまま坂道を滑走。これを止めようとした58歳の男性が車両と壁の間に挟まれる事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡している。

愛媛県警・松山東署によると、現場は松山市樽味付近。トラックは水道工事会社のもので、路上に駐車していたところ、無人の状態で坂道を滑走。これに気づいた58歳の男性がトラックを押し止めようとしたが、そのまま約14mに渡って押し出され、突き当たりにあるブロック塀との間に挟まれる状態となった。

男性は近くの病院へ収容されたが、全身強打が原因でまもなく死亡した。警察では現場に居合わせた男性の同僚2人から事情を聞いている。

トラックはエンジンが切られた状態だった。警察ではサイドブレーキの掛け方に問題があったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ