GM、米工場に投資…新型車のエンジン部品を生産へ

業界 レスポンス

米国の自動車最大手、GMは6月1日、米国ミシガン州の部品工場に1億1900万ドル(約150億円)を投資すると発表した。

GMが投資を予定しているのは、グランド・ラピッド・オペレーション。現在、シボレー、ビュイック、GMC、キャデラックの各ブランドの、エンジン部品を製造している。

GMは同工場に、1億1900万ドルを投資。工場の設備を更新し、将来の新型車用の部品の生産に備える。

また、同工場では現在、およそ500名の従業員が、3交代制で勤務。今回の投資により、およそ300名の雇用が創出される見通し。

GM北米部門の生産担当マネージャー、Scott Whybrew氏は、「将来への投資は、グランド・ラピッド・オペレーションの優れた従業員の証となる」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ