GSユアサ、マレーシア合弁会社を子会社化…四輪車用バッテリーのシェア倍増目指す

業界 レスポンス

GSユアサは6月1日、マレーシアの合弁会社であるユアサ バッテリー マレーシア社(YBML社)の経営権を獲得し、連結子会社化したと発表した。

今回、GSユアサのタイの連結子会社である、サイアムGSバッテリー社(SGS社)が、マレーシアの合弁会社であるYBML社の株式の40%を買い取る株式譲渡契約を締結。これにより、GSユアサグループのYBML社への出資比率を、これまでの30%から70%まで引き上げ、YBML社の経営権を獲得し、連結子会社化することとなった。

GSユアサグループは1979年にYBML社を設立し、マレーシアにおいて自動車用およびオートバイ用鉛蓄電池を製造・販売してきた。近年、マレーシア市場では競合メーカーの買収や新規参入により競争が激化しているが、タイで約50年の製造・販売実績を持つSGS社の経営資源やノウハウを活用することでマーケットシェアの拡大を図る。

現在、GSユアサのマレーシアにおける自動車用鉛蓄電池事業は約10%のマーケットシェアを占めているが、2018年までにその販売規模を倍増させる。また、オートバイ用鉛蓄電池事業は今後も約35%のトップシェアを維持していく計画だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • GSユアサ(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ