GWの超渋滞回避ルート、トップは「東大阪市〜神戸市西区」…1時間10分短縮

テクノロジー レスポンス

ナビタイムジャパンは、同社が提供するカーナビアプリ向け「超渋滞回避」ルートにおいて、2015年のゴールデンウィークに最も渋滞を回避し、到着までの時間を短縮できるルートとして検索されたルートのランキングを発表した。

今回のランキングは、5月2日から6日までに、「カーナビタイム」「NAVITIMEドライブサポーター」にて実際に検索された「超渋滞回避」ルートを、「推奨」ルートと比較し、より多くの時間を短縮できるルートをランキング化したもの。超渋滞回避ルートとは、ナビタイムジャパンのプローブ交通情報を活かし、目的地までの所要時間を短縮したルートを案内する機能だ。

ランキング結果によると、1位は大阪府東大阪市→兵庫県神戸市西区の区間で「約1時間10分」短縮するルートとなった。2位は大阪府大阪市東淀川区→兵庫県高砂市の区間で「約55分」短縮、3位は茨城県守谷市→茨城県水戸市の区間で「約53分」短縮するルートとなった。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 「超渋滞回避」ルートのランキング
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ