クラリオンとモリタ、消防車向け全周囲安全確認カメラシステムを共同開発

テクノロジー レスポンス

クラリオンは6月2日、モリタと消防車両向けの全周囲360°安全確認カメラシステム「サラウンドアイ4_MC」を共同開発したと発表した。

モリタは、今回開発した「サラウンドアイ4_MC」に加え、「車両状態表示」「ドライブレコーダ」機能などで構成する「モリタ アドバンスモニタAMシリーズ」を、消防車両向けシステムとして販売する。

クラリオンの業務車両向け安全走行支援システム「サラウンドアイ」は、車両周辺情報を俯瞰表示する映像システム。車体に取り付けた複数のカメラ映像を独自の画像処理技術によるキャリブレーションで高精度な合成画像として表示。ドライバーが不安を感じる車周辺視界を補助する。

今回開発した「サラウンドアイ4_MC」は、このサラウンドアイをベースに開発。4台の車載用カメラを用い、車両周辺360°の安全確認を行うことができる。なお、同システムは、既に配備されている消防車への導入も可能だ。

モリタは「モリタ アドバンスモニタAMシリーズ」を搭載した消防車両を、6月8日〜13日にドイツ・ハノーバーで開催される世界最大級消防防災展「インターシュッツ2015」に展示する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • モニター画面
  • モニター画面
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ