【ジャガー XE 発表】スタイルは「4ドアのFタイプ」…歴代モデルから見えた新デザイン

新車 レスポンス

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは6月2日、新型サルーン『XE』の受注を開始した。3リットルV型6気筒および2リットル直列4気筒のガソリンエンジンとディーゼルエンジンの設定があり、価格は477万〜769万円。納車9月以降の予定という。

英ジャガー・ランドローバー社でプロダクト・マーケティング・アーキテクチャー・ディレクター務めるクリストファー・マッキノン氏は同日、都内で開かれたXE発表会で「新しいダイナミックなスタイリングをこのセグメントに導入したかった」と開発の経緯を明かした。

マッキノン氏は「そこで、過去のジャガーを振り返り、ジャガー『XK120』までさかのぼることにした。ジャガーは長いボンネットを持っているのが特徴で、後方に位置するキャビンのプロファイルをXEにも持ってくることができるのではないかと思った。そうすることでクーペスタイルをXEに導入することができた。ほとんど4ドアの『Fタイプ』のような形になった」と振り返った。

また「フロントのグラフィックスはひとめでジャガーとわかるフェイスにした。フロントグリルは『XJ』に似ている。またヘッドランプにはJブレードという特徴的なスタイルのランプを採用しており、これもジャガーファミリーであることをはっきりと印象付けている。またリアエンドについてもワイドプロポーションで、意志の強さを示している」と説明。

さらに、「パワーバルジ」と呼ぶエンジンフードの造形は、筋肉質でダイナミズム、パフォーマンスを強調しており、30年にわたるジャガーのアルミニウム技術、経験を表現している、とも述べた。

  • 小松哲也
  • ジャガー XE《撮影 小松哲也》
  • ジャガー XE《撮影 小松哲也》
  • ジャガー XE《撮影 小松哲也》
  • 英ジャガー・ランドローバー社でプロダクト・マーケティング・アーキテクチャー・ディレクター務めるクリストファー・マッキノン氏《撮影 小松哲也》
  • ジャガー XE《撮影 小松哲也》
  • ジャガー XE《撮影 小松哲也》
  • ジャガー XE《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ