ランボルギーニ の新型SUV、メイン市場は米国…中国と中東も重要市場に

業界 レスポンス

イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニが5月27日、新型SUVの生産をイタリア工場で行うと発表。この新型SUVのターゲット市場が明らかになった。

ランボルギーニによると、新型SUVは年間、およそ3000台を生産する計画。販売のメイン市場となるのが、米国。米国では、景気回復とガソリン価格の下落により、高級SUVの販売が伸びている。

また、ランボルギーニは、中国と中東も、新型SUVの主力市場になると見込む。中国では富裕層が増加。オイルマネーで潤う中東は、高級SUVに対する需要が根強い。

この他、ランボルギーニは、英国、ドイツ、ロシアも、新型SUVにとっての重要市場に位置付ける。

ランボルギーニは、「高級SUVを擁し、未開拓かつ急成長、魅力的なセグメントに挑んでいく」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • ランボルギーニ URUS(北京モーターショー12)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ