【スズキ アルトラパン 新型発表】三菱化学とバイオエンプラを共同開発、内装樹脂カラーパネルに採用

新車 レスポンス

三菱化学は、バイオエンプラ「DURABIO」を他材質と複合化(アロイ化)した新グレードをスズキと共同開発し、新型『アルト ラパン』の内装樹脂カラーパネルに採用されたと発表した。

DURABIOは、再生可能な植物由来のイソソルバイドが原料のバイオエンプラ。耐衝撃性や耐熱性、耐候性などで優れた性能を持つ。また、発色性がよく、顔料を配合するだけで、光沢のある表面をつくることができるほか、表面が硬くて丈夫なので、擦り傷が付きにくい。そのため、塗装工程が不要になり、塗料から発生するVOC(揮発性有機化合物)の排出および放出を低減。さらに、水などで洗い流した際、表面に菌が残りづらい性能(撥菌性)も有している。

三菱化学が開発したDURABIOは2013年、スズキ『ハスラー』で、バイオエンプラとしては世界で初めて、自動車の内装樹脂カラーパネルに採用された。そして今回、両社は、DURABIOの持つ高い耐傷付き性や耐候性および撥菌性などを維持しつつ、アロイ技術を駆使することで、さらに耐衝撃性、耐熱性を高め、また、低比重化(軽量化)した新グレードの開発に成功した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • スズキ アルト ラパン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ