BMW X1 新型、欧州で発表…2世代目に進化

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、BMWは6月3日、欧州で新型『X1』を発表した。

現行X1(初代)は2009年秋、フランクフルトモーターショー09で初公開。BMWのSUV、「SAV」(スポーツ・アクティビティ・ビークル)の入門車として登場した。初代X1の世界累計販売台数は、73万台を超えている。

新型の外観は、『X4』や『X5』、『X6』など、最新のBMWのSAVに通じるデザイン。フルLEDヘッドライトをオプションで用意した。ボディサイズは、先代よりも全高が53mm高い。これが、室内空間の拡大に貢献する。シートの地上高は、前席が36mm、後席が64mm高くなり、見晴らしが良くなった。

室内は、後席のひざ元の空間を、先代比で37mm拡大。オプションのリアシートでは、ひざ元の空間を最大で66mm広げた。トランク容量は、先代から85リットル増え、505リットルに。後席を折り畳めば、最大で1550リットルに拡大する。

また、ドライバー重視のコクピットを採用。「iDrive」の表示を行う6.5インチのモニターを、ダッシュボードに組み込む。ヘッドアップディスプレイも選択できる。

  • 森脇稔
  • BMW X1 新型
  • BMW X1 新型
  • BMW X1 新型
  • BMW X1 新型
  • BMW X1 新型
  • BMW X1 新型
  • BMW X1 新型
  • BMW X1 新型
  • BMW X1 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ