住友ゴム、グッドイヤーとの提携解消を正式発表

業界 レスポンス

住友ゴム工業は6月4日、グッドイヤー社とのアライアンス契約および合弁事業の解消について合意したと発表した。

住友ゴムとグッドイヤー社は1999年6月にアライアンス契約を締結し、同年9月より北米・欧州・日本での合弁事業を開始。共同でタイヤ事業を行うための4つの製造・販売合弁会社、技術交流・共同開発、共同購買のための2つの合弁会社を設立、株式の相互持ち合いなどを推進してきた。

しかし2014年1月、グッドイヤー社は、アライアンス契約および合弁事業の解消を求め、国際商業会議所へ仲裁を申し立て。住友ゴムは仲裁手続きと並行して、グッドイヤー社と継続的に協議を重ねたが、アライアンス契約および合弁事業の解消で合意。これに伴い、グッドイヤー社は住友ゴムに対し、約2億7100万米ドル(約325億円)を現金で支払う予定だ。

北米タイヤ製造・販売合弁会社および日本国内の新車向けタイヤ販売合弁会社は住友ゴムが買い取り、欧州タイヤ製造・販売合弁会社および日本国内の市販用グッドイヤー・ブランド・タイヤ販売合弁会社はグッドイヤー社が買い取る。共同購買・共同技術開発合弁会社は解散する。

なおダンロップブランドは、日本については従来通り、住友ゴムが引き継ぎ、欧州はグッドイヤー社が引き継ぐ。北米については、日系自動車メーカー向け新車用タイヤとモーターサイクルタイヤ全般は住友ゴムが引き継ぎ、非日系自動車メーカー向けおよび市販タイヤは、グッドイヤー社が引き継ぐ。ロシア・CIS諸国、トルコを含む中近東およびアフリカ諸国等の33か国は、住友ゴムが引き継ぐ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 住友ゴム工業(イメージ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ