ZMP、自動運転車の研究開発向けPCセットパッケージを発売

テクノロジー レスポンス

ZMPは、ソニー製超高感度CMOSイメージセンサを2個搭載したステレオビジョンシステム「RoboVision2」と高性能GPU搭載パソコンによるセットパッケージの販売を開始した。

新製品は、ソニー製車載向け超高感度CMOSイメージセンサIMX224を2個搭載し、USB3.0でパソコンへ取り込みが可能なステレオビジョンシステム「RoboVision2」と、高性能GPU搭載パソコンをセットにしたもの。

RoboVision2は、暗闇に相当する低照度0.005ルクスでも高画質なカラー映像が取得可能なイメージセンサを搭載し、最大1280×960ピクセルで30fpsのカラー映像の取得が可能。ソフトウェア開発環境(SDK)として、カメラのキャリブレーションなどの設定や視差画像を出力するためのライブラリ、すぐに画像を確認できるアプリケーションを付属する。

また、セットパッケージではNVIDIAの高性能GPU「GeForce GTX980」搭載のパソコンにあらかじめライブラリ、ソフトウェアをインストールした状態で納品する。セットパッケージとすることで手間のかかるセットアップ作業が不要となる

先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車両では、夕方や夜間など、低照度環境で先行車両や歩行者などのセンシングが求められる。セットパッケージでは、これらセンシングシステムの研究開発に活用してもらうことを想定している。

価格はRoboVion2本体が80万円(税別)で、パソコンと合わせたセットパッケージが120万円(税別)。

  • 編集部
  • RoboCar MiniVanへの取付
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ