葬儀場で僧侶運転のクルマ暴走、参列者はねられる

社会 レスポンス

1日午前11時10分ごろ、千葉県松戸市内の葬儀場敷地内で、74歳の男性僧侶が運転する乗用車が暴走。葬儀に参列していた人たちに突っ込む事故が起きた。この事故で9人が重軽傷を負った。ペダル踏み間違えが事故の原因とみられている。

千葉県警・松戸署によると、現場は松戸市日暮2丁目付近にある葬儀場の敷地内。事故当時は玄関前で火葬場に向かうための車列を形成していたが、白井市内に在住する74歳の男性僧侶が運転する乗用車が暴走。葬儀の参列者列に突っ込み、建物内に進入したところで停止した。

この事故で葬儀の参列者9人が骨折や打撲などの重軽傷を負い、近くの病院へ収容されている。僧侶にケガはなく、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)容疑で事情を聞いている。

聴取に対して僧侶は「アクセルとブレーキを踏み間違えたかもしれない」などと供述しており、警察は事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ