小型二輪車の新車販売台数、2カ月連続プラス、ヤマハが2カ月連続シェアトップ…5月

モーターサイクル レスポンス

全国軽自動車協会連合会が発表した5月の小型二輪車新車販売台数は、前年同月比0.5%増の5759台と2カ月連続で前年を上回った。

前年が消費税増税前に発生した駆け込み需要の反動減で、水準が低かったことに加え、ヤマハ発動機や輸入車の販売が好調だった。

ブランド別では、ヤマハ発動機が同46.0%増の1448台と大幅プラスで2カ月連続シェアトップとなった。

2位のホンダは同29.2%減の1117台と落ち込み、シェアは19.4%と2割を割り込んだ。

カワサキは同0.2%減の985台、スズキが同10.6%減の428台だった。

輸入車などのその他は同4.9%増の1781台だった。

  • 編集部
  • ヤマハの「ボルト」(XVS950CUボルトシリーズ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ