口永良部島の車検有効期間を7月29日まで伸長…国土交通省

社会 レスポンス

国土交通省は、口永良部島の噴火に伴って、自動車検査証の有効期間を伸長すると発表した。

5月29日に発生した口永良部島の噴火による避難指示に伴い、避難中の同島住民が所有する車両の自動車検査証有効期間が切れ、帰島時の車の使用に支障が出る可能性がある。このため、道路運送車両法第61条の2の規定を適用し、同島の車両について、自動車検査証の有効期間を伸長する。

有効期間伸長の適用を受けた自動車の自動車損害賠償責任保険(共済)の契約期間は、伸長された期間内の継続検査を申請する時までに契約すればよいこととなる。

対象は、口永良部島に使用の本拠とする車両のうち、自動車検査証の有効期間が5月29日から7月28日までのもの。対象車は、自動車検査証の有効期間を7月29日まで伸長する。

口永良部島に使用の本拠とする車両は総数78台で、このうち対象車両に該当するものは7台ある。今後、対象地域の噴火警戒レベルの状況などに応じて、有効期間の再伸長や、対象車両を追加する。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ