【ルマン24時間 2015】日産本社ギャラリー、パブリックビューイングを開催

モータースポーツ レスポンス

日産自動車は、6月13日・14日の両日、日産グローバル本社ギャラリーにおいて、「NISSAN MotorSports LIVE with Pit-FM」と題し、16年ぶりに参戦するル・マン24時間レースのパブリックビューイングを開催する。

日産は、今年のル・マン24時間レースで1999年以来16年ぶりに「Nissan GT-R LM NISMO」 でトップカテゴリー「LM P1クラス」に復帰する。日産/ニスモが開発したLMP1車両は、他のメーカーに類を見ないフロントエンジン前輪駆動レイアウトを採用。エンジンはV型6気筒の3リットルガソリン・ツインターボエンジンで、エネルギー回生システムを搭載する。カーナンバー21、22、23の3台がエントリーする。

これに伴い、日産グローバル本社ギャラリーでは、ル・マン24時間レースの生中継をギャラリーと日産ホールの大画面で観戦できるパブリックビューイングを開催。当日は通常のギャラリー開館時間を大幅に延長し、13日は翌朝の6時まで、14日は23時まで開催する。

レースの解説にはモータースポーツジャーナリストの小倉茂徳氏、ゲストにはSUPER GT GT500クラスに「NISSAN GT-R」で参戦しているレーシングドライバー柳田真孝選手を迎え、さらには独自中継と連動し、ドライバーやチーム関係者など現地からのレポートも織り交ぜて、日産ギャラリーならではの充実したコンテンツを提供する予定だ。

当日は、日産ホールでの放映に加えて、ギャラリーではNISMOロードカー向けに専用チューニングされたRECARO製シートで観戦できるスペシャル観戦エリアや軽食コーナーなども用意。また、TAGホイヤーのオリジナルキャップを両日イベント開始時から先着50名にプレゼントするほか、その他プレゼントがあたるイベントも予定している。

今回のパブリックビューイングに加え、ギャラリーではこれまでル・マン24時間レースに参戦した、NISMO GT-R LM(R33 1995年)やニッサンR390 GT1(1998年)など、ル・マン24時間レースに関する歴代車を、6月9日から28日の期間、特別展示する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • #21 Nissan GT-R LM NISMO C
  • 小倉茂徳氏
  • 柳田真孝選手
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ