【F1 カナダGP】ハミルトン、今季6回目のポールポジション…ベッテルまさかのQ1脱落

モータースポーツ レスポンス

2015年のF1第7戦カナダGPの公式予選が6日、ジル・ビルヌーブ・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季6回目のポールポジションを獲得した。

前日の金曜フリー走行ではウエットコンディションの中、マシンのコントロールを失いバリアにクラッシュしてしまうシーンもあったが、損傷は軽微。事故の影響をまったく感じさせない走りでQ1は2位、Q2ではトップで通過を果たす。最終Q3では僚友のニコ・ロズベルグをさらに引き離す走りをみせ、1分14秒393を記録。ロズベルグに0.3秒、それ以降には0.7秒近い差をつけ今季6回目、通算44回目のポールポジションを決めた。メルセデスがまたしてもフロントローを独占した。

3番手にはキミ・ライコネン(フェラーリ)が続いたが、僚友のセバスチャン・ベッテルはQ1でエネルギー回生システムに問題が発生。十分なパフォーマンスを発揮できないままQ1で脱落。さらに、直前のフリー走行3回目での赤旗中断時に他車を追い抜いたとして、5グリッド降格ペナルティが科せられることも決まっている。同様にQ3常連だったフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)も17番手でQ1脱落。カナダGPの予選は波乱に満ちたものになった。

マクラーレン・ホンダ勢は改良を施したパワーユニットで臨んだが、予選前に相次いでトラブルが発生。そのうちジェンソン・バトンはトラブル解消が間に合わず予選欠場となってしまった。一方のフェルナンド・アロンソはQ2へ進出し14番手を獲得した。

F1 カナダGP 公式予選結果

1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分14秒393

2.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)1分14秒702

3.キミ・ライコネン(フェラーリ)1分15秒014

4.バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)1分15秒102

5.ロマン・グロージャン(ロータス)1分15秒194

6.パストール・マルドナード(ロータス)1分15秒329

7.ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)1分15秒614

8.ダニール・クビアト(レッドブル)1分16秒079

9.ダニエル・リチャルド(レッドブル)1分16秒114

10.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)1分16秒338

14.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)1分16秒276

  • 吉田 知弘
  • F1カナダGP予選トップ3のハミルトン(中央)、ロズベルグ(左)、ライコネン(右)《画像 Getty Images》
  • 予選3番手に入ったキミ・ライコネン《画像 Getty Images》
  • ピットアウトするダニエル・リチャルド《画像 Getty Images》
  • 予選Q1敗退となったフェリペ・マッサ《画像 Getty Images》
  • ニコ・ロズベルグ(メルセデス)《画像 Getty Images》
  • まさかのQ1敗退に落胆するセバスチャン・ベッテル《画像 Getty Images》
  • フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)《画像 Getty Images》
  • F1カナダGP予選の様子《画像 Getty Images》
  • マックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)《画像 Getty Images》
  • ルイス・ハミルトン(メルセデス)《画像 Getty Images》
  • バトンはトラブルで予選は走れず《画像 Getty Images》
  • F1カナダGP予選の様子《画像 Getty Images》
  • F1カナダGP予選の様子《画像 Getty Images》
  • F1カナダGP予選の様子《画像 Getty Images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ