【フェラーリ 488 GTB 日本発表】40年前の初代に敬意、攻めのデザインと極限の機能性

新車 レスポンス

フェラーリ『458GTB』のスポーティさやパフォーマンスは、エクステリアデザインによって強調されているという。

フェラーリ・ジャパン代表取締役社長のリノ・デパオリ氏は、フロントの特徴についてまず、2つのグリルオープニングを挙げる。「F1にも類似したこのダブルフロントスポイラーは、2基のラジエーターに空気を送り込むことのほかに、エアロダイナミクスにも貢献している」と話す。

また、ヘッドライトはバイキセノン技術を用いた全く新しいもので、「そのフォルムは『ラ・フェラーリ』からのインスピレーションを引き継いだものだ」という。

そして最も特徴的なデザインはサイドにある大きなエアインテークだ。デパオリ氏によると、「これは40年前の『308GTB』のアイコニックな特徴を踏襲するものだ」と述べる。その構造は、スプリッターによって2つのセクションに分割され、インタークーラーに対してエンジン部にエアを入れる部分と、リアに向けて空気を送るものとなる。デパオリ氏は、「こうした工夫により、空気抵抗を減らしているにも関わらず、ダウンフォースは50%増という成果を生み出しているのだ」と説明。

リアは、水平基調のデザインにすることで、低くスポーティなスタンスを強調。フェラーリ特許のブロウンスポイラーと大型のエアベントを配することで、エアロダイナミクスも向上させている。このブロウンスポイラーはリアに向かって流れてきた空気をリアウインドウ後端のエアインテークから取り込み、バンパーから排出する仕組みだ。これにより、ダウンフォースをより多く発生させるとともに、リアスポイラーの高さを抑えることに成功している。

また、エグゾーストパイプのレイアウトを見直すことで、ディフューザーの高さを確保。これらにより、「デザイン全体から、パワーとパフォーマンス感がにじみ出ている」と語った。

  • 内田俊一
  • フェラーリ 488 GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488 GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488 GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488 GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488 GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488 GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 308 GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 308 GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 308 GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488 GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488 GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488 GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488 GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488 GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488 GTB《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ